東ちづるの若い頃

東ちづるさんは、土曜ワイド劇場などのドラマで活躍している女優さんで、バラエティー番組でもよく見かける活躍中の方ですが、若い頃はどんな感じだったの?

若い頃の画像は?

⇒このページでは、東ちづるさんの若い頃が色々気になりましたので、調べてみました。

東ちづるさんは若い頃、情報番組からブレクを果たす!!

子供のころは、まじめで活発だった東ちづるさん。

中学生の時は生徒会で活動するなど、人を引き付ける魅力はこんなところから生まれたのかもしれません。

そんな東ちづるさんは、短大卒業後、一旦は一般企業に就職します。

ただ、コンパニオン等の仕事を合間でやっていて、25歳の時に退職し芸能界に入りました。

最初は、単発バラエティー番組のアシスタントの仕事が多い状況でしたが、1987年、テレビ朝日の『金子信雄の楽しい夕食』で初代アシスタントを務めた事で業界が注目!!

その後数々のバラエティー番組に出演するようになりました。

東ちづるさんの若い頃の仕事での極めつけとしましては、情報番組 ビートたけしのTVタックルで、1992年 – 1998年まで司会を務めました。

進行をしながら、発信力もあったところが好評で、東ちづるさんの人気は、この情報番組で全国区となったと言えます。

東ちづるさん 若い頃の女優としてはどうだったの?

若い頃は、情報番組やバラエティー番組での活躍が顕著だった東ちづるさんですが、その傍ら女優としても活動しています。

現在、女優としてドラマに主演することの多い東ちづるさんですが、若い頃に出演した作品が糧となっていることは間違いありません。

以下、遍歴です。

1990年(27歳)

  • 長七郎江戸日記 – おなつ
  • 愛してるよ!先生 – 本間美弥
  • さすらい刑事旅情編 – 酒井和代
  • 火曜ミステリー劇場
    • 「一億二千万円をネコババした女たち」
    • 「Dr.クマひげ〜新宿駅ウラ診療所〜」

1991年(28歳)

結婚しないかもしれない症候群- 三井笑子

向かって右側が東ちづるさんです。

↓拡大図

1992年(29歳)

  • 裏刑事-URADEKA-

25歳でデビューして、27歳ごろから女優としての活動もされています。

1992年に、初めて連続ドラマのレギュラー出演をされました。

東ちづるさん 若い頃の画像

そんな東ちづるさんの若い頃の画像は?

検索エンジンで調べてもあまり出てきませんけど、この機会ですので探してみました。

若い頃は、魅力的で今とは雰囲気も違いましたね。

ちなみに、出ていらっしゃったテレビ番組のジャンルの関係だと思いますが、若い頃は、グラビア的な画像は取っていらっしゃらなかったようです。

まとめ

東ちづるさんの若い頃に関してまとめました。

若い頃の今とは違った雰囲気を思い出すことができました。

現在も活躍中ですので、末永い活躍を願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする