市原悦子の若い頃

市原悦子さんは、家政婦は見たシリーズに出演していた女優さんです。

そんな市原悦子さんの若い頃の画像は?

⇒このページでは、市原悦子さんの若い頃が色々気になりましたので、調べてみました。

市原悦子さん 若い頃

市原悦子さんの若い頃に関して、出演映画、出演したテレビ、そして若い頃の画像を調べました。

市原悦子さん 若い頃出演の映画

デビューから30歳ぐらいまで出演した映画作品です。

  • 雪国(1957年) – 勘平(芸者) 役
  • 女殺油地獄(1957年) – お梅(女中) 役
  • 夕凪(1957年) – お妙 役
  • 駅前旅館(1958年) – 女学生 役
  • 眠狂四郎無頼控 魔剣地獄(1958年) – お信 役
  • 男性飼育法(1959年) – こと 役
  • 貸間あり(1959年) – 高山教子 役
  • 若い素顔(1959年) – 樋川女史 役
  • 暗夜行路(1959年) – お由 役
  • 僕は独身社員(1960年) – かおり 役
  • 珍品堂主人(1960年)- 明子 役
  • サラリーガール読本 お転婆社員(1960年) – 部長秘書春江 役
  • 夜の流れ(1960年) – 紅子 役
  • 大空の野郎ども(1960年) – 女袷B役
  • 「青衣の人」より 離愁(1960年) – すげ 役
  • 笛吹川(1960年) – 黒駒の嫁 役
  • 猫と鰹節(1961年) – 愛子 役
  • 別れて生きるときも(1961年) – マネキンガールベアちやん 役
  • 喜劇 にっぽんのお婆あちゃん(1962年) – 新米寮母青木 役
  • 霧子の運命(1962年) – 玉枝 役
  • 青べか物語(1962年) – あさ子 役
  • 夢で逢いましょ(1962年) – 小宮清子 役
  • 乳房を抱く娘たち(1962年) – バスの車掌 役
  • ぶらりぶらぶら物語(1962年) – 女房 役
  • あの橋の畔で 完結篇(1963年) – 隣の奥さん 役
  • 鏡の中の裸像(1963年) – しづ子の姉 役
  • 日本脱出(1964年) – フジ子 役
  • われ一粒の麦なれど(1964年) – ある母 役
  • 甘い汗(1964年) – 佐和子 役
  • 万事お金(1964年) – まる子 役
  • 五瓣の椿(1964年) – おつる 役
  • にっぽん泥棒物語(1965年) – 桃子 役
  • 霧の旗(1965年) – 信子 役
  • 悪名桜(1966年) – 菊枝 役
  • 他人の顔(1966年) – ヨーヨーの娘 役
  • 三匹の狸(1966年) – 谷弘子 役
  • 一万三千人の容疑者(1966年) – 荒川千代 役
  • 喜劇 仰げば尊し(1966年) – 小松加代 役

沢山出ていらっしゃいますが、バイプレーヤーとしての活躍が目立つ状況で、どちらかといえば大器晩成型だったのでしょう。

市原悦子さん 若い頃出演のテレビドラマ

こちらも30歳ぐらいまでの出演作品をまとめました。

NHK

  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 第15話「詩人と電話」(1962年) – ふみ子 役
  • 鋳型(1963年)
  • おはなはん(1966年 – 1967年)

日本テレビ系

  • 顔(1958年)
  • 愛と死のかたみ(1962年)

TBS系

  • 虫は死ね(1963年) – 愛子 役
  • 近鉄金曜劇場 / 目撃者(1964年) – 江口の妻 役
  • ザ・ガードマン 第53話「雪崩」(1966年)

テレビ朝日系

  • お気に召すまま(1962年)第6話「新婚旅行」
  • 氷点(1966年) – 藤尾辰子 役

正直、映画に比べれば少ないですね。

時代背景もあるのでしょうか?

テレビドラマに関しても、わき役での出演がほとんどのようです。

市原悦子さん 若い頃の画像

そんな市原悦子さんの若い頃の画像は?

面影はありますw

まとめ

市原悦子さんの若い頃に関してまとめました。

今おなじみの感じになるのは、だいぶ年月がたってからのようですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする