泉谷しげるの若い頃

泉谷しげるさんの若い頃は?

若い頃の画像は?

⇒このページでは、泉谷しげるさんの若い頃が色々気になりましたので、調べてみました。

泉谷しげるさんの若い頃

青森県青森市長島出身の両親の元で生まれ、3歳から東京都目黒区東山で幼少期を過ごした泉谷しげるさん。

東京都立目黒高等学校を中退後、色々な職に就きながらロックバンドを組んでいたが、18歳の時、自宅が火事で全焼した若い頃の泉谷しげるさんの若い頃に関して、フォークソングを歌うシンガーだったこと、役者として刑事役をやった件、そして、若い頃の画像に関して調べました。

若い頃の泉谷しげるさん フォークソングを歌うシンガーだった!!

自宅が火事で全焼した若い頃の泉谷しげるさんは、火事で、エレキギター、アンプなどの様々な機材を全部失いました。

当時の泉谷しげるさんは、やむおえなく、アコースティックギター1本で活動できるフォークシンガーとなりました。

その後1971年、ライヴアルバム『泉谷しげる登場』でエレックレコードからメジャーデビューしました。

その翌年1972年、セカンドアルバム『春・夏・秋・冬』をリリース。

タイトル曲「春夏秋冬」は泉谷さんの代表曲となっています。

若い頃の泉谷しげるさん 役者として刑事役も!

フォークシンガーとして活躍した若い頃の泉谷しげるさんですが、現在も活躍している肝となっている役者業の片鱗を若い頃も見せていました。

1979年6月、テレビ朝日系ドラマ『戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件』に出演し、テレビ大賞及び芸術祭優秀賞を受賞、役者としても注目を集めました。

泉谷しげるさん 若い頃の画像

そんな泉谷しげるさんの若い頃の画像は?

まとめ

泉谷しげるさんの若い頃に関してまとめました。

若い頃は、破天荒でしたよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする