石橋蓮司の若い頃

石橋蓮司さんの若い頃は?

若い頃の画像は?

⇒このページでは、石橋蓮司さんの若い頃が色々気になりましたので、調べてみました。

石橋蓮司さんの若い頃

東京都品川区出身で、中学生時代の1954年、母親に連れられ当時近所にあった劇団若草に所属し、同年13歳のとき東映児童劇映画第1回作品『ふろたき大将』で主役デビュー

17歳で劇団若草を辞め、東映児童劇団に所属という、子供のころから演劇の世界に身を投じていた若い頃の石橋蓮司さんに関して、若い頃の実績と画像に関して調べました。

若い頃の石橋蓮司さんは、俳優として劇団に所属

若い頃の石橋蓮司さんは、大学中退後の1965年、劇団青俳の養成所に入所し、本格的に役者を志すことになりました。

1968年、共に青俳を脱退した劇作家の清水邦夫さん、演出家の蜷川幸雄さん、俳優の蟹江敬三さん、岡田英次さん、真山知子さんらと劇団現代人劇場を旗揚げします。

1971年に現代人劇場が解散した後、1972年に清水、蜷川、蟹江と劇結社「櫻社」を結成。

1974年に蜷川が商業演劇に活動の幅を広げたのを機に櫻社が解散した後は、1976年に緑魔子と劇団第七病棟を旗揚げする。

第七病棟の公演では、使われなくなった建物を劇場に改造して唐十郎や山崎哲の作品を上演し、その多くで自ら演出を手掛けている…

といった形で若い頃の石橋蓮司さんは、舞台に軸を置いた活動をしました。

若い頃の石橋蓮司さん テレビドラマ出演実績

NHK

  • 大河ドラマ
    • 勝海舟(1974年) – 吉田寅次郎
    • 花神(1977年) – 神代直人
  • 火の路 (1976年)
  • その町を消せ!(1978年) – 黒崎
  • 銀河テレビ小説「鳥獣の寺」(1979年)

テレビ朝日

  • 賞金稼ぎ(1975年) – 片桐三郎次

テレビに進出していくのは、1980年代後半になってからです。

石橋蓮司さん 若い頃の画像

そんな石橋蓮司さんの若い頃の画像は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まとめ

石橋蓮司さんの若い頃に関してまとめました。

激しい人生です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする