市村正親の若い頃

市村正親さんの若い頃は?

若い頃の画像は?

⇒このページでは、市村正親さんの若い頃が色々気になりましたので、調べてみました。

市村正親さんの若い頃

埼玉県川越市で誕生し、幼少期を過ごした若い頃の市村正親さんは、映画少年だったそうです。

そんな、市村正親さんの若い頃に関して、デビューまでと、デビュー後、劇団四季での実績と、若い頃の画像に関して調べました。

若い頃の市村正親さん デビューまで

若い頃の市村正親さんは、映画少年でしたが、電線を拾い集めてくず鉄屋に売って、日々の小遣いを稼いでいたそうです。

そんな、市村正親さんは、俳優を志し、高校卒業後、舞台芸術学園に行き、卒業されています。

その後ですが、修行を兼ねてでしょうか。俳優の西村晃さんの付き人を3年間勤めました。

若い頃の市村正親さん 劇団四季での実績

数々の修業を経た若い頃の市村正親さんは、1973年、劇団四季『イエス・キリスト=スーパースターの端役を狙ってオーディションを受け合格、後にヘロデ役を獲得してデビューしました。

翌年、正式に劇団四季へ入団し、本格的に俳優として活動を始めます。

劇団四季では、まず『エクウス』では、全裸での演技が話題となりました。

『オペラ座の怪人』では主役のオペラ座の怪人を演じるなど、1980年代の劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至っています。

1990年に退団しフリーとなりました。

その後の活躍に関しては、皆さんがご存知の通りです。

市村正親さん 若い頃の画像

そんな市村正親さんの若い頃の画像は?

まとめ

市村正親さんの若い頃に関してまとめました。

妖艶な雰囲気でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする