伊集院静の若い頃

伊集院静さんの若い頃は?

若い頃の画像は?

⇒このページでは、伊集院静さんの若い頃が色々気になりましたので、調べてみました。

伊集院静さんの若い頃

作家として第一人者の伊集院静さんですが、1950年生まれ、山口県防府市出身の在日韓国人2世として育ちました。のちに日本に帰化しています。

伊集院静さんは、山口県立防府高等学校を経て、立教大学文学部日本文学科を卒業しています。

そんな伊集院静さんの若い頃に関して、大学卒業後に関してと、若い頃の画像に関して調べました。

若い頃の伊集院静さん 一般社会人だった!?

若い頃の伊集院静さんは、大学卒業後、広告代理店電通勤務を経てCMディレクターになりました。

1980年からコンサートツアーの演出を始め、松任谷由実さん、松田聖子さん、薬師丸ひろ子さん、和田アキ子さんらの大御所のツアーのほかファッションショーも手がけました。

最初から作家というわけではなかったようです。

ちなみに電通時代に最初の夫人と結婚、二児をもうけてますが、1980年に離婚しています。

若い頃の伊集院静さん 作家になってから

そんな中、1981年に『小説現代』に『皐月』を発表し作家デビューしています。

最初は、本業の合間でという感じだったのだと思います。

しかし、どんどん評価され、代表作は、『機関車先生』、直木賞受賞作品『受け月』など多数存在します。

一方、プライベートでは、1984年8月27日に、かつてCMキャンペーンガールで一緒に仕事をした女優の夏目雅子さんと7年の不倫交際の後再婚したが、夏目雅子さんは1985年9月11日に白血病で急死されています。

現在は、1992年8月7日に再再婚した現在の妻で女優の篠ひろ子さんと暮らしています。

伊集院静さん 若い頃の画像

そんな伊集院静さんの若い頃の画像は?

まとめ

伊集院静さんの若い頃に関してまとめました。

波乱万丈…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする