池内淳子の若い頃

池内淳子さんの若い頃は?

若い頃の画像は?

⇒このページでは、池内淳子さんの若い頃が色々気になりましたので、調べてみました。

池内淳子さんの若い頃

池内淳子さんは、墨田区両国の塩物問屋の長女として生まれ、幼少期を過ごしました。

1952年(昭和27年)、十文字高等学校卒業卒業後、日本橋三越への入社試験に受かり、入社。

そこで彼女のの美貌が評判となる。1年余り勤めたのちに退社し、花嫁修業のため和裁と料理の学校へ通うさなか、「サンケイグラフ」のカバーガールに応募して合格。関係者の目に留まりスカウトされました。

そんな、池内淳子さんの若い頃に関して、デビュー後の実績を若い頃の画像に関して調べました。

若い頃の池内淳子さん 映画界で華々しくデビューも早々に卒業!?

「サンケイグラフ」のカバーガールに応募して合格。関係者の目に留まりスカウトされ、新東宝に入社し、女優の道を歩くことになった若い頃の池内淳子さんは、1955年(昭和30年)、『皇太子の花嫁』で映画デビュー。続く清水宏監督の『次郎物語』で姉役を演じ注目される。以来池部良、宇津井健の相手役として多くの作品に出演しました。

1956年(昭和31年)、『新妻鏡』で初主演。久保菜穂子、三ツ矢歌子と共に「新東宝現代劇の女優三羽烏」として脚光を浴び、これからを嘱望されました。

しかし、俳優の柳沢真一さんと結婚し、翌年に映画界を引退します…

若い頃の池内淳子さん テレビドラマ界に進出 その実績とは?

1957年に結婚した池内淳子さんですが、翌年に離婚します。

その後、映画界に再復帰しますが、1961年に当時所属会社 新東宝は倒産。東京映画に移籍し、活躍を続ける中、テレビ界へ進出します。

1962年(昭和37年)、「よろめきドラマ」(現在の不倫ドラマ)には欠かせない存在として人気を集め、「日本放送作家協会女性演技者賞」を受賞。

お嫁さんにしたい女優でも上位にランクインし、人気・演技力ともテレビ女優ナンバー1の地位を確立しました。

中でも『女と味噌汁』シリーズは毎回高視聴率を誇り、若い頃の池内淳子さんの代表作となりました。

池内淳子さん 若い頃の画像

そんな池内淳子さんの若い頃の画像は?

まとめ

池内淳子さんの若い頃に関してまとめました。

若い頃の池内淳子さんが今表れても1番でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする